在校生インタビュー

在校生インタビュー

在校生インタビュー

当校で学ぶ在校生に学校生活や将来などを聞いてみました。

川田 麻綺さん

川田 麻綺さん

Maki Kawata

介護福祉士を目指そうと思ったきっかけは?
通っていた高校は、自分で科目を選ぶことができ、元々興味があった介護の科目を選択したことが始まりです。授業の中で、世田谷区の特別養護老人ホームに行ったのですが、あたたかい雰囲気が良いなと思って、介護の仕事に就きたいと強く思いました。
なぜ品川介護福祉専門学校を選びましたか?
修学資金制度で、学費が大幅にカバーできることは大きいです。
また、オープンキャンパスに何度か行きましたが、先生や先輩方が優しく、学校生活が楽しそうだなとイメージができたので、入学を決めました。
学校生活で何が一番楽しいですか?
昼休みや放課後など数人で集まっている時が楽しいですね。
夏は、隣の公園でレジャーシートしいて昼ごはん食べたり、放課後はみんなで集まってごはん食べたり、課題を一緒にしたりしてます。
先輩やクラスメイトには色んな個性があって、話していて面白いです。先輩後輩関係なく、仲良くできるのはこの学校ならではと思います。
好きな授業はありますか?
コミュニケーション技術の授業は、グループワークをしながら新たな発見があって、好きな科目の一つです。授業で意見を出し合って学ぶことで、お互い高め合って学べます。
どのような介護福祉士になりたいですか?
利用者様一人ひとりに適切なケアだけでなく、その人の生活に寄り添った介護ができるようになりたいです。
入学を検討されている方へ
介護福祉士という同じ目標をみんなで共有して、お互い高め合える友達ができます。みんな話しやすく、仲良くできる人たちが多いので、きっと学校生活も楽しめると思います。
みなさんの入学を楽しみにしています。
若松 耕太さん

若松 耕太さん

Kouta Wakamatsu

介護福祉士を目指そうと思ったきっかけは?
他界した祖母は旅行が好きで、足を怪我してから旅行に行けず、何とかしたいけどできない葛藤がありました。その時に、ホームヘルパーさんと一緒にいる時が、非常に楽しそうにしていて、少しでも楽しく暮らして欲しいと介護の仕事にあこがれがありました。
なぜ品川介護福祉専門学校を選びましたか?
実際に働いている人からの意見で、すぐに現場に出ることができ、最短ルートで介護福祉士になれることから専門学校に行きたいと思っていました。高校の先生のすすめだけでなく、数ある学校の中で、学費の面もそうですが、学校の雰囲気と印象が良かった点です。
入学してみて学校生活はどうですか?
クラスメイトは、初日からみんなで話したり、溶け込みやすく雰囲気が良いですね。実際休日が退屈に感じるぐらい、学校生活が充実していると思います。
授業はどうですか?
授業は分かる事を前提に進めるのではなく、順を追って丁寧に教えてくれます。実際の経験をもとにした授業なので、説得力があります。
あと、実習に行ってみて、利用者様一人ひとりにあわせて、やり方を工夫している所はかなり勉強になりました。
どのような介護福祉士になりたいですか?
実習に行ってみて、「ありがとう」と言われることが嬉しいです。そのために自分がどうするかだと思うのですが、その人にあった最高の最期を提供できるような介護福祉士でいたいです。
最後にメッセージを
先生もみんなフレンドリーなので、介護福祉士を目指しているなら、僕たちと一緒に学びましょう!