卒業生インタビュー

卒業生インタビュー

卒業生インタビュー

現場で活躍する卒業生に仕事のようすや思いなどを聞いてみました。

学校で身につけた専門的な
知識や技術が役立っています。

若松 耕太さん

社会福祉法人さくら会 介護老人保健施設ケアセンター南大井 介護福祉士
平成30年度卒若松 耕太さん 

若松 耕太さん

介護福祉士を目指したきっかけは?

曽祖母が、自分がやりたいことができない状態で亡くなったのを見て、高齢者の方が最期までやりたいことができるよう手助けをしたいと思ったのが きっかけです。

品川介護福祉専門学校の魅力は?

少人数制でアットホームなところです。とくに国家試験前は、クラスメイト同士で教え合い学び合うことで一体感が生まれ、 全員で受けているという気持ちで試験に臨むことができました。先生にも質問がしやすく、いつも丁寧に対応していただきました。

介護福祉士国家試験はどう乗り越えた?

勉強がつらいときは、実習の際に出会った利用者さまのことを思い出し、介護福祉士になるぞというモチベーションを上げていました。

実際に働き始めて、学校で学んで良かったと感じることは?

利用者さまの状態や言動の背景まで理解できたり、自分の安全を確保しながら介助ができたりするのは、 学校で専門的な知識や技術を身につけたからだと感じます。

学校で出会った仲間は宝物!
今も交流が続いています。

古賀 小絵子さん

若竹大寿会 品川区立杜松ホーム 杜松特別養護老人ホーム 介護福祉士
平成25年度卒古賀 小絵子さん 

古賀 小絵子さん

品川介護福祉専門学校の魅力は?

たくさんありますが、一番の魅力は、クラスメイト同士の仲が良いことだと思います。在学中には楽しい思い出がたくさんあり、 当時の仲間との交流は今も続いています。

「品川福祉カレッジ」を受講して良かったことは?

以前は決められた仕事をこなす日々でしたが、母校での研修に参加して自分で考える時間を得たことで、 現場の問題に主体的に向き合えるようになりました。 とても良い経験になり、成長できたと思います。

今後、仕事で挑戦したいことは?

介護福祉士歴6年目になり、上司からは今後リーダーとして活躍することを期待されています。 私は周りをまとめることが得意ではありませんが、苦手を克服して期待に応えられるよう頑張りたいと思っています。

品川介護福祉専門学校に入学を検討されている方にメッセージを!

人見知りだった自分が積極的になれたのも、この学校で出会った仲間のおかげだと思っています。 専門学校で学んだことは仕事をするうえでとても役に立ちますし、出会った仲間はきっと宝物になるはずです。

専門性を活かして、
一人ひとりに対応した介護を考え、
実践しています。

熊谷 隆一さん

品川総合福祉センター 中延特別養護老人ホーム 介護福祉士
平成25年度卒熊谷 隆一さん 

熊谷 隆一さん

品川介護福祉専門学校の魅力は?

1学年1クラスの少人数制なので、わからないことがあったらすぐに先生に質問ができること。 また、品川区独自の修学資金貸付制度を借りられ、指定された施設で3年間勤続したら返還免除になることも魅力だと思います。

実際に働き始めて、学校で学んで良かったと感じることは?

現場では、利用者さま一人ひとりの状況が異なるなかで、どのように対応すればいいかを考える場面がたくさんあるので、 学校で学んだような専門的な知識や技術は必須だと感じます。

介護の仕事のやりがいは?

やっぱり、関わった入所者の方に「ありがとう」と言っていただくときが、一番やりがいを感じます。

品川介護福祉専門学校に入学を検討されている方にメッセージを!

実習に不安を感じている方も多いと思いますが、実習先には品川介護福祉専門学校の卒業生がたくさんいるので、 とても心強いです。また、品川区独自の修学資金貸付制度があるので、金銭面でも安心ですよ!

利用者さまのことを第一に
考えることを大切にしています。

青木 一彩さん

社会福祉法人福栄会 第二しいのき学園 支援員
平成21年度卒青木 一彩さん 

青木 一彩さん

品川介護福祉専門学校の魅力は?

少人数だったため学校全体がアットホームな雰囲気で、先輩からもいろいろと話を聞けたこと。 また、実習が多く、現場に近い環境で学べたことも、今振り返るととても良かったです。

実際に働き始めて、学校で学んで良かったと感じることは?

学校で専門的な知識や技術を取得したことで、現場での対応がスムーズになると感じています。

仕事のやりがいや大切にしていることは?

利用者さまのことを第一に考えることを大切にしています。 また、利用者さまができないことをどうすればできるようになるかを一緒に考え、工夫し、少しずつできるようになっていくことにやりがいを感じます。

品川介護福祉専門学校に入学を検討されている方にメッセージを!

実習が多くて大変だと思うかもしれませんが、みんなで乗り越えて資格を取得することで夢が広がります。 先生方もしっかりと支えてくれる学校なので、安心して入学してくださいね。

品川区内の多くの福祉施設で
卒業生が活躍しています。

髙橋 利之さん

社会福祉法人 三徳会 成幸在宅介護支援センター 介護支援専門員
平成8年度卒髙橋 利之さん 

髙橋 利之さん

品川介護福祉専門学校の魅力は?

学生の年齢層が幅広く、「学びたい」という思いがあれば年齢に関係なく学べる環境が整っていること。 また、品川区内の多くの福祉施設で卒業生が活躍していることも魅力だと思います。

仕事をするうえ大切にされていることは?

法人の理念である「正義、友愛、奉仕」を心に留め働いています。対人援助は人と人との関係性のうえにあるもので、 お互いに心を通わせ良い関係が築けたときには化学反応が起こります。そんな関係を築けるよう努めています。

卒業後の品川介護福祉専門学校とのつながりは?

「品川福祉カレッジ」を受講したり、学校主催の品川区内の福祉従事者が集う実践研究発表会に参加させていただいたりと、 卒業後もお世話になっています。

品川介護福祉専門学校に入学を検討されている方にメッセージを!

高齢者施設だけでなく障がい者施設でも実習ができるので、介護や福祉を広く学ぶことができます。 また、ほとんどの実習先に卒業生がいるという環境も、大きな利点だと思います。

あの頃の頑張りが、施設長に
なった今につながっています。

越後谷 透さん

社会福祉法人 春光福祉会 特別養護老人ホーム ロイヤルサニー 施設長
平成11年度卒越後谷 透さん 

越後谷 透さん

キャリアはどうやって積んだ?

かつて在宅介護支援センターに勤務していたのですが、当時はわからないことばかりでした。 少しでも他のスタッフに追いつけるよう、仕事が終わってから、介護保険制度や各事業所の運営規程、加算のルールといった介護に関連することを片っ端から調べ、 勉強しました。あの頃の努力が今につながっているのだと思います。

施設長になろうと決心した理由は?

ロイヤルサニーを職員みんなの力で変えていきたいと思ったからです。 タイミングは今しかないと思い、思い切って施設長の職に就くことを決めました。

施設長として日々大切にしていることは?

入所者全員の生活を、自分の目で見て、聞いて、毎日確かめること。職員全員の動きを把握して、 顔を合わせてどんなことでも話し合うこと。楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行すること。この3つです。

介護福祉士としてキャリアを積み、施設長を目指す方へメッセージを!

施設長に求められるのは、入所者とそこで働く職員をとにかく大事にすること、そして、大胆さと細心さを併せもつことだと思います。 頑張ってください。

OPEN CAMPUS 詳しくはこちら

OPEN CAMPUS 詳しくはこちら