品川介護について

品川介護について

品川介護専門学校について

品川介護福祉専門学校とは、介護福祉のプロフェッショナル、介護福祉士を目指すことができる2年制(昼間)の専門学校です。
平成7年4月に地域で活躍する福祉人材の養成・育成を目指して社会福祉協議会が設立し、運営している専門学校です。
東京都品川区の高台の上に位置し、最上階学生ラウンジからは富士山や品川区が一望できます。目の前には緑に恵まれた公園があり都心の中でも落ち着いた環境で学習できる学校です。介護福祉学科の他に社会福祉士養成コース(通信制)や実務者研修コース(通信制)、地域の福祉サービス従事者に向けた研修、「品川福祉カレッジ」の運営も行っています。

厚生労働大臣指定 介護福祉士養成施設
品川区長認可 専修学校
課程・学科 社会福祉専門課程・介護福祉学科
代表者 校長 片岡 玲子
修業年限 昼間2年
入学定員 40名(共学)
取得資格・称号(卒業時) 介護福祉士(国家資格)
専門士(社会福祉専門課程)
出願の基礎資格 (1)高等学校を卒業した方、年度末に卒業見込みの方
(2)高等学校卒業者と同等以上の学力があると認められた方

※卒業後5年間のみ。その間に国家試験に合格または5年間連続して介護の業務に従事することにより資格継続。

品川介護福祉専門学校 沿革

平成5年3月 品川区高齢社会保健福祉総合計画(いきいき計画21)
介護福祉士の養成校設置を検討
平成6年3月 品川区社会福祉協議会評議員会で養成校設立承認
4月 介護福祉士養成校準備室開設
平成7年3月 厚生省介護福祉士養成施設指定認可(3月16日付)
4月 開校・第1回入学式
平成14年4月 品川区で働く介護福祉人材の研修機関「品川福祉カレッジ」開設
平成17年5月 開校10周年記念式典挙行
平成19年4月 品川区社会福祉協議会で社会福祉士一般養成施設(通信制)
「社会福祉士養成コース」開設
平成21年4月 介護福祉学科の新教育課程による教育を開始
平成22年4月 品川介護福祉専門学校同窓会設立
平成26年4月 医療的ケア(喀痰吸引等)研修開始
平成28年4月 別科として「介護福祉士実務者研修コース」(通信課程)を開設

メッセージ

品川区長 濱野 健

品川の福祉教育の拠点として

品川区長 濱野 健

品川区の高齢者人口は、平成28年12月現在8万人を超え、総人口に占める高齢者の比率は21.1%となっています。
区では、住み慣れた地域で住み続けられるよう、特別養護老人ホーム等の施設整備や訪問介護等在宅福祉施策の充実、さらには認知症高齢者の増加にともなうグループホームや小規模多機能居宅介護の整備などを進めています。
品川介護福祉専門学校は、こうした事業推進に欠かせない福祉人材を確保するために、品川区と品川区社会福祉協議会がタイアップして開校いたしました。
ここで学ぶ皆さんには、明日の地域福祉の担い手として品川区民の熱い期待が寄せられています。本校が、心ゆたかな責任感のある福祉人材の育成の場として、また広く福祉教育の拠点として、さらに大きく発展されることを望みます。

社会福祉法人 品川区社会福祉協議会会長 池田 彰孝

介護福祉のプロをめざして

社会福祉法人 品川区社会福祉協議会会長 池田 彰孝

品川介護福祉専門学校は、品川区社会福祉協議会が品川区の福祉行政と連携し、区と区内社会福祉法人の全面的な支援・協力のもと、地域社会に根ざした介護福祉士養成校として平成7年4月に開校しました。
現在では、700人を超える介護福祉士が本校で学んだ知識・技術を生かして、福祉施設等で大いに活躍しています。
進路指導にも教職員が連携し、一人ひとりの学生の個性や希望に沿った職場がみつかるよう、きめ細かくアドバイスし、就職率100%となっています。
高齢社会が進むなかで、社会的に信頼される介護福祉士、地域社会に期待される介護福祉士となれるよう、「品川介護福祉専門学校」で確かな力を身につけ、人々の幸せに寄与できるよう、共に学びましょう。

校長 片岡 玲子

地域社会の期待に応えて

校長 片岡 玲子

品川介護福祉専門学校では一人ひとりの学生を大切に、
教職員が力を合わせ丁寧な指導と実習でプロとしての力をつけることを大事にしています。
品川区内の福祉施設で活躍し、人々の幸せに貢献できる介護福祉士の養成を目指します。

アクセス

  • 大井町駅→東急大井町線 乗り換えガイド|【1】JR京浜東北線・りんかい線「大井町駅」ホームから西口へ。【2】西口改札を出て、目の前にある東急大井町線の改札へ。
  • 主要駅からのアクセス方法