在校生の声
  • facebook
  • twitter
  • google plus

~出会った仲間と共に目指す社会福祉士への道~ 病院勤務 大坪 英美子 さん

総合病院で事務の仕事をしています。同じ職場の社会福祉士の仕事に感銘を受けた事や家族が福祉のお世話になった事が社会福祉士を目指すきっかけになりました。人との繋がりを大切に、広い視野を持って頑張りたいです。

福祉に関しては全く知識もない中で、入学時は2か月に4本のレポート提出のペースが掴めず苦戦していました。そんな私の心の拠り所になったのが、自主学習会のグループです。様々な職業に就いている仲間たちと同じ目標に向かって励まし合い、レポート課題や国家試験対策について情報交換をしています。

このグループの仲間に出会えたことは本当に幸せでした。勉強は基本的に孤独であり、国家試験までとても長い道のりですが、仲間がいるからこそモチベーションが高まり、目標に向かって頑張れるのだと思っています。

スクーリングに出席すると、自分の福祉知識の乏しさに落胆することが多々ありますが、多方面からの物の見方、考え方、人と人とのつながりが福祉にとって大切なものであることを学んでいます。

施設実習では現場でないと味わえない多くの体験をさせていただきました。利用者の強みを活かす支援を考えることの必要性や社会福祉士の働きの重要性を改めて感じ、より一層この仕事への思いが強くなりました。

仕事をしながら通信で学ぶのは大変な事ですが、仲間と共に前を向いて将来の社会福祉士への道を進んでいきたいと願っています。

~福祉課題に対する思考が豊かになりつつある実感が嬉しい!~ 民間企業勤務 我妻 浩 さん

民間企業で働く普通のサラリーマンです。約35年間の企業での活動と今後の地域住民としての社会活動・福祉活動との非連続性が気になり、体系的に社会福祉の勉強をしてみようと思い、本コースへの入学を決めました。

非常に良く構成されたカリキュラムと学び易い環境を提供してくれる本コースに、満足しています。特に、品川区の福祉施設での実習は、福祉実務経験がない私に、貴重な経験や出会いを与えてくれました。

通信教育は、教本の読解が基本となります。しかし、課題レポートのテーマ(課題)設定がどれも絶妙で、自分なりの思考に基づき、教本のみならず、参考図書や文献に当たることが求められます。特に、指導講師が推薦する参考図書はいずれも良本で、読み応えがあるものばかりでした。この過程が大変でしたが、本コースでの学びを豊かにしてくれます。また、スクーリングや自主学習グループ活動は、指導講師や仲間と一緒に考える場を提供してくれます。様々な分野の方との交流は、書物では得られない楽しみや刺激を与えてくれます。

本コースでは、学習補講や国家試験対策も充実しており、学んだ多くの知識の整理に役立ちます。しかしながら、本コースの受講により、人の生活や社会課題に対する私自身の視点や思考に、拡がりや深みが増し、より豊かになってきているという実感が持てている事が何よりも嬉しく思います。